MOA ANBESSA OFFICIAL BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS アーティスト名鑑*WOODY GUTHRIE*

<<   作成日時 : 2010/09/08 16:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 4

画像

さてさて、みなさんはどんな音楽を聴くのでしょう、、!?!?
生まれてこのかた、音楽を全く聴いた事がない人はまず、いないと思います、

人はそれぞれ自分の好きなアーティストやジャンル、、そしてスタイルをどっからともなく見つけだし、
その音源を購入して聴くもんです、、

そして、今の現状、自分の生き方と照らし合わせて、聴く人も多いいと思います、

そのアーティストのファッションも大事だと思います、その格好を真似た人も数多くいるでしょう、

僕も今まで、この35年間、日本の歌謡曲から、欧米の音楽まで幅広く聴きましたし、聴いてますが、
いい物は、どのジャンルでも本当にいいものだと思います、

本サイトを見ての通り、僕が一番好きで、良く聴くのは、自然の流れでレゲエになるのですが、

今、本当に何かに取り憑かれたように、他のジャンルをよく模索し、聴いています、

しつこいですが、今の欧米、邦楽問わずの音楽はあまり聴きません、、少し年月がたち、もうすこし熟してからは聴きますが、、、

どんどん古い音楽が好きになるのですよ、、最終的にクラッシックまで聴くんじゃないかと思うくらい、

さあ、これからどんなミュージシャンを発掘できるかとても僕自身楽しみでやんすよ、、

今回紹介するのは、レベルミュージックの元祖、フォーソングの父、ウディガスリーを紹介します、、

ウッドロウウィルソンガスリー

1912年オクラホマ州の田舎町オキーマに生まれた、(ウッドウ・ウィルソンという名前は、彼が生まれた年に大統領に指名された人物の名前からとられました)人口千人ほどの小さな農業の町、オキーマは、何度となく砂嵐や竜巻に襲われ、彼の家も竜巻によって飛ばされたことがありました。

彼の父親、チャールズガスリーは不動産業を営んでいて、彼が生まれた頃はかなり羽振りが良かったようです。しかし、1930年代の大不況時代(恐慌時代)に入ると一気にその財産を失い、それと同時に
人生におけるツキまでも失ってしまいました。

そのせいなのか、家が火事になったり、竜巻に飛ばされたりと不幸が重なり、ついにはウディの母親が精神病院に入院、そこで息を引き取ってしまいます。

父親も肉体労働者として働きますが、家族を養って行けず、ついに家族はバラバラになってしまいました


ウディは、住む家のない浮浪者のような生活を始めますが、ある日親戚から西海岸に来ないか?という誘いを受け、一人カリフォルニアの方に旅に出ます。

17歳だった彼は、アメリカ中を一時雇いの労働者として放浪していき、バーや労働者のストライキの時の組合の集会などにかかわって小金を稼いだ。19歳のときにテキサスへ行った、そこで彼は最初の妻メアリージェニングスと出会って結婚し、3人の子供たちをもうける。しかし、彼は、テキサスに彼の家族を残して旅立った。彼はたとえ自身が、裕福であっても一カ所に止まる決まり切った生活が耐えられなかったのです。

さらに彼はミュージシャンとしてラジオ局のオーディションを受け、ニューヨークで契約するチャンスを得たものの、自らそのチャンスを捨ててしまいます。彼は、何物にも束縛されることなく自由に歌いたかったのです。

これらの若い時期の旅行で見た貧困はのちの彼の作品に大いに影響を与え、彼の歌の多くが労働者階級が直面する状態の事を歌詞にした物が多いいのはうなずけます、、

ガスリーは生涯の社会主義者かつ労働組合活動家でもあり、デイリーワーカー紙、人民世界紙に常設コラム「ウディ・セズ」を執筆した。

ポピュリスト志向のニューディール民主党員によって所有されていた商業的ラジオ放送局KFVDに出演する一方で、ガスリーは、後にダストボールバラードにまで昇華することになる若干のプロテストソングを書き演奏し始めた。

1935年から1937年まで、カリフォルニアでフォークソングや反体制ソングなどでラジオの人気歌手となり、1939年から1940年にかけてニューヨークに移り住み、左翼とフォークミュージック界に受け入れられた。また彼は彼の最初であろう本物のレコーディングを行った。

これは数時間の会話と歌、およびアルバム、ダストボールバラードから成るもので、アメリカ議会図書館に勤務する音楽学者アランロマックスが録音し、ニュージャージー州カムデンのビクター・レコードに収められた。

1940年にガスリーは彼の最も有名な歌「我が祖国」(This land is your land) を書いたが、これは、一部は彼の放浪中の経験、また一部はアービング・ベルリンの歌「神よアメリカを祝福したまえ」(God bless America)に対する反発によってインスパイアされたものである。

ガスリーはベルリンの歌が非現実的で自己満足的であると嫌悪し、ケイトスミスがラジオでそれを歌うのを聞くことがもう嫌であった。

このメロディーは、1930年頃にカントリー / ブルーグラスのグループ、ザ・カーターファミリーによって歌われ最もよく知られたゴスペル「世界が燃える時」に基づいていた。ガスリーは最後の節で階級の不平等を敢然と主張した、彼の反資本主義感が丸出しであるが、この節は後のレコーディングに省かれていることが多い。ガスリー自身も時々省いていたようである。

1941年ピートシーガーやその他の人たちと共に「オルマナック・シンガーズ」(Almanac Singers)を立ち上げる。

ガスリーは元来オルマナックシンガーズと一緒に反戦の歌を書き歌ったが、結局は彼らは、彼らが関係した共産主義的な周辺人物とともに、反ファシスト運動に参加した。

ガスリーは彼のギターに有名なスローガン「この機械はファシストを死なせる」と書いた。彼は米国の商船隊に加入し、そこで仲間のフォークシンガー、シスコ・ヒューストンと共に兵役についた。その後米国の陸軍にも入った。

1944年にガスリーは、フォークウェイズ・レコードのモーゼス・"モー"・アッシュに出会い、続く数年間はそこで「我が祖国」を始めとする何百もの作品を録音した。

彼は1942年にマージョリーマツィアに求婚し始め、そして1945年に陸軍の賜暇の間に彼女と二回めの結婚をした。彼らはコニーアイランドのマーメイド通りの家に引っ越して4人の子供たちと住んだ。

4人の子供のうちの一人キャシーは4歳で火災で死んだが、このことは彼の重度のうつ病の原因になっていくのである、

1940年代後半にはガスリーの健康は悪化しはじめた。そしてハンチントン病の徴候を示して、彼の行動は非常に不規則になり、彼は彼の家族を置き残し、ランブリンジャックエリオットと一緒にカリフォルニアに旅行して、そこで3回目の結婚をしてもう1人の子供をもうけた後、最終的にニューヨークに戻った。

彼はアルコール依存症と統合失調症を含む種々の病気と誤診の繰り返しののち、1954年についにハンチントン病(Huntington's Disease)と診断される。ハンチントン病は遺伝性の神経障害であり、ガスリーには母方の家系から遺伝されたものと思われる。病状は途中好転した時期もあるが、入退院を繰り返し、1967年10月3日クイーンズのクリードムーア精神病院で亡くなった。


1967年にウディの妻マージョリーガスリーは支援を受けてハンチントン病と戦うための委員会を設立し、それは後にアメリカハンチントン病協会になった。

彼の娘、ノラガスリーは同じくパンクバンド、アンタイフラッグをアーカイブに招いた。その後、彼らは「Post-War Breakout」をカバーした。また「This Machine Kills Fascists」と呼ばれる歌を書いた。これらの努力はガスリーの音楽に新しい聴衆とファンをもたらした。

、各年夏に彼の業績を記念して、ウディガスリー・フォークフェスティバルが開催されている。それは彼の姉妹メアリージョー・エジモンによって設立されたウディガスリー連盟によって主催されている、、

壮絶な人生ですね、彼に影響を受けた、ミュージシャンは数多くいて、ボブディラン、ブルーススプリングスティーン、ランブリンジャックエリオット、トムパクストン、フィルオクス、ジョーンバエズ、
ジェリージェフウォーカー、ガスリーの息子アーロガスリー、それ以外にも時代を越えたミュージシャンたちとしてライクーダー、ビリーブラッグ、ベックまで、その影響を受けたアーティストは後を絶ちません。
レベルミュージックの父ともいわれ、ジョンレノン、ボブマーレーを筆頭に、数多くのミュージシャンに受け継がれていくのであります、、

どうですか?みなさん、ぜひ聴いてみたくなったでしょ、、!?



店主



画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
アーティスト名鑑*WOODY GUTHRIE* MOA ANBESSA OFFICIAL BLOG/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/04 00:17
プラダ アウトレット
アーティスト名鑑*WOODY GUTHRIE* MOA ANBESSA OFFICIAL BLOG/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ アウトレット
2013/07/05 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お世話になります。とても良い記事ですね。 ルイヴィトン 財布 http://www.louisvuittons.info/
ルイヴィトン 財布
2013/07/28 19:31
Открылся новый суперсовременный сайт для поиска партнеров на 1 ночь, никаких смс и прочей нечисти, зайди и найди себе вторую половинку на ночь!
В нашу сеть впервые внедрены суперсовременные технологии! Мы единственные кто использует нейронные сети для подбора парней и девушек, для задания начальных данных нужно ответить всего на несколько простых вопросов, в несколько кликов мышкой! Никаких громоздких анкет заполнять больше нету необходимости.
http://goo.gl/JAHk8h
Daitervap
2017/01/13 05:31
<a href=http://kiva.team><img>http://kiva.team/htmlss/images/softe/recoil.png</img></a>
ホA? I? ?? ?胙瑟?? - 珞?瑣顆褥?? 糺?鞣瑣? ? 粢蒟G? 糅璢?!
ハ瑕 珮瑯 珞?? マ ?@琅瑙韋 糅璢? ? ?褞裲褥韃 ?頽??, 粢瑯? 珞?瑣顆褥?韜 糺?. ツ?? 裄? ?胙瑟?? 0,02 ? (ミ裄?? ?A裲? C 0.8 ?蕘 蒡 1.2).
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/El0kJP0E1V8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
<a href=http://kiva.team/recoilshot.html>ハ頸? 珞?</a>
BillySweli
2017/07/03 07:10

<a href=https://vk.com/melanatm?w=page-113181662_54447691>MELANA 韭C琥 蓁? 糂裨 ??? 韭C琥 蓁? 糂裨 ???</a>
Shila
2017/11/08 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
アーティスト名鑑*WOODY GUTHRIE* MOA ANBESSA OFFICIAL BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる